年齢を重ねることによって、いつの間にか茶色い斑点が出てくることがあります。

これがシミです。

シミは炎症によって生まれるメラニン色素によって生まれます。

そしてシミはできる場所によって多少原因が違い、種類によっては自分でケアで改善できないものもあります。

まずはシミの種類を理解して,それぞれに適した対策を立てましょう。

 

シミの種類は大きく分けて、「老人性色素斑」、「炎症性色素沈着」、「そばかす」の3種類があります。

それぞれの特徴と原因を解説します。

 

老人性色素斑
肌は紫外線を受けた際にメラニン色素を生成して、紫外線から体を守る性質があります。
それが排出されずに、体内に残って色素沈着を起こすと、シミとなって現れます。
比較的はっきりしており、クッキリ出たものは完全に消すのが難しいのが特徴です。

 

炎症性色素沈着
ニキビや擦り傷等によって、炎症が起こった箇所にできるシミです。
ニキビ跡の1つで顎に出やすいのが特徴です。
時間がたつと消えることも多いですが、治ったと思っても日焼けをすると復活することがあるので、紫外線には注意が必要です。

 

そばかす
頬骨から鼻にかけてできる斑点は、そばかすと呼ばれてます。
先天的なもので,色白の人に多く見られます。
個性の1つなので、気にする必要はないと思いますが、そばかすが多い人は敏感肌の方が多いので必要です。

 

シミそれぞれのケアの方法と適したオールインワンジェルについてご説明します。

老人性色素斑
日焼けをしないようUVケアを徹底する。フェイスラインやほーメモとは特に重点的にケアしましょう。

適したオールインワンジェル

 

炎症性色素沈着
ピーリングを行って肌の代謝を良くすると,早く改善することができます。

適したオールインワンジェル

 

そばかす
美白化粧品が効きにくいので,自己ケアでは治しにくいです。どうしても治療したいと言う人は,皮膚科で行うレーザー治療によってきれいにすることもできます。しかしそばかすは先天性のものなので再発する可能性が高いです。

適したオールインワンジェル